ハゼ釣りの道具

ハゼ釣りにはどんな竿でもOKです。釣具屋さんで、ちょい投げと用か、堤防釣り用とか、ファミリー釣り用とか、なんだか気軽に釣れそうな雰囲気の廉価なもので充分です。一応近距離といっても投げ釣りになるので、投げ釣り用の竿を用意します。

ハゼ釣りの道具

はじめて釣りをする人は、軽くて長すぎないものを選びます。ハゼ釣りは、基本的には置き竿(立てかけてじっと待つ釣りの形態)でなく、竿を持ったまま手ごたえを感じてアタリをとるので、長くて重いものは手が疲れますし、竿の扱いが大変になります。

■リール
リールにも、目的によっていろんな種類がありますが、ハゼ釣りのちょい投げ用には、小型のスピニングリールを使います。小型のスピニングリールでも、高機能・多機能なものもありますが、滅多に釣りには行けない、ハゼくらいしか狙わない方には、やはり小型で軽くて廉価なもの、ちょい投げセット品などのリールでも充分です。

■ライン(テグス)
釣りにハマると、このラインの選択が重要になってきます。水に浮くもの沈むもの、夜や逆行でも見やすいもの、魚から目立たないもの…。ことハゼ釣りにおいては、リールにあらかじめ巻いてあるラインをそのまま使いましょう。ラインにこだわる必要は、まったくありません。あらためて購入するなら、できるだけ細いものがアタリがわかりやすくていいでしょう。

■針・ハリス
ハリスとは、先端の針に直接結んであるラインです。針に付けた餌ごと、このハリスを食いちぎるフグなどの魚もいたり、かといってあまり頑丈な太いものは、魚が警戒して寄って来なかったりもするので、こちらも本来はこだわりたいものなのですが、ハゼ釣りには無用。針とハリスがセットになったもので充分です。波止釣り用、ハゼ釣り用で、針の大きさも7〜8号程度が扱いやすいでしょう。

■ヨリモドシ
ラインとハリスはヨリモドシで互いをつなぎます。直接結ぶと、竿やラインのヨリやクセが針先にまで影響して餌が不自然な動きになり、魚が警戒します。ヨリモドシはハリスのセットに大抵ついています。

■オモリ
ひとくちにチョイ投げといっても、その釣り方にもいろんな形態がありますが、ここでは簡単で手軽なチョイ投げ形態のオモリとして、ジェット型天秤を使います。

ロケットのような形で、上半分が赤色のプラスチックで下半分が鉛になった、投げ釣り用のもっともポピュラーなオモリです。こちらも10号以下の重さのモノを選びましょう。

チョイ投げもできて、魚のアタリをみるという両面から、この程度が最適な重さとなります。オモリとしてジェット型天秤を使用する場合は、片側にライン、片側にハリスを直接取り付けるので、ヨリモドシは不要です。

ハゼ釣りの道具・小物類

ハゼ釣りに絶対必要な道具として、釣竿とリール、オモリ、針などを紹介しました。 あとは餌をつけて釣るだけなのですが、せっかくの釣りです、ちょっとした小物が あると、ハゼ釣りがグンと楽しくなります。 そんな小物を紹介しましょう。

■クーラーボックス
いわずと知れた、レジャーの必需品・クーラーボックスです。 釣りでのクーラーボックスは、 餌を保存する、小物を入れる、飲料を入れる、獲物を入れる等々、 多機能に使われます。 さらに応用として、 竿を保持する、椅子代わりにする、食卓にする等々、まだまだ用途はあります。 番外編として、 以前同行した釣り仲間が堤防から海に転落し、クーラーボックスを浮き輪代わりにして、 助けを待ったという使用法? もあります。

釣り具

とくに夏場などは、餌の保管用にクーラーボックスは重要で、 温度の変化に敏感で、とくに高温を嫌う虫餌などには、クーラーボックスは必需品です。

クーラーボックスも、その大きさや機能性などからさまざまなものがあります。 これは色や形、予算に合わせて、自分の好みで選びましょう。 釣り以外でも使えるので、その点も配慮の上で。

■竿ケース
竿は新品の時には、何らかのケースに入っていますが、 これはあくまで一時的なもの。すぐに破れたりヨレヨレになったりします。 竿ケースに入れず、そのままクルマなどで持ち運ぶ方も居ますが、 中空で円筒形の竿の材質は、グラスファイバーかカーボンなどで非常にデリケート。 ちょっとしたことで、傷が入ったり折れたりします。 竿ケースは多少固めのもので、外部からの多少の衝撃は吸収できるようなタイプを おススメします。

■その他あると便利な小物
その他、水バケツ・タオル・魚ツカミ・針外し・エサ箱・帽子・フローティングジャケットなど、便宜性や安全面からさまざまな小物をチョイスしましょう。

一度でも釣りを経験すると、自分にとって必要な小物がだんだんとわかってきます。 好みの面もあるので、ここでは詳細は省略しますが、 こうした小物を選ぶのも、釣りの楽しみのひとつです。

ハゼ釣りの道具 - ハゼ釣り入門ガイド

ハゼ釣りの道具

ハゼ釣りにはどんな竿でもOKです。釣具屋さんで、ちょい投げと用か、堤防釣り用とか、ファミリー釣り用とか、なんだか気軽に釣れそうな雰囲気の廉価なもので充分です。一応近距離といっても投げ釣りになるので、投げ釣り用の竿を用意します。

ハゼ釣りの道具

はじめて釣りをする人は、軽くて長すぎないものを選びます。ハゼ釣りは、基本的には置き竿(立てかけてじっと待つ釣りの形態)でなく、竿を持ったまま手ごたえを感じてアタリをとるので、長くて重いものは手が疲れますし、竿の扱いが大変になります。

■リール
リールにも、目的によっていろんな種類がありますが、ハゼ釣りのちょい投げ用には、小型のスピニングリールを使います。小型のスピニングリールでも、高機能・多機能なものもありますが、滅多に釣りには行けない、ハゼくらいしか狙わない方には、やはり小型で軽くて廉価なもの、ちょい投げセット品などのリールでも充分です。

■ライン(テグス)
釣りにハマると、このラインの選択が重要になってきます。水に浮くもの沈むもの、夜や逆行でも見やすいもの、魚から目立たないもの…。ことハゼ釣りにおいては、リールにあらかじめ巻いてあるラインをそのまま使いましょう。ラインにこだわる必要は、まったくありません。あらためて購入するなら、できるだけ細いものがアタリがわかりやすくていいでしょう。

■針・ハリス
ハリスとは、先端の針に直接結んであるラインです。針に付けた餌ごと、このハリスを食いちぎるフグなどの魚もいたり、かといってあまり頑丈な太いものは、魚が警戒して寄って来なかったりもするので、こちらも本来はこだわりたいものなのですが、ハゼ釣りには無用。針とハリスがセットになったもので充分です。波止釣り用、ハゼ釣り用で、針の大きさも7〜8号程度が扱いやすいでしょう。

■ヨリモドシ
ラインとハリスはヨリモドシで互いをつなぎます。直接結ぶと、竿やラインのヨリやクセが針先にまで影響して餌が不自然な動きになり、魚が警戒します。ヨリモドシはハリスのセットに大抵ついています。

■オモリ
ひとくちにチョイ投げといっても、その釣り方にもいろんな形態がありますが、ここでは簡単で手軽なチョイ投げ形態のオモリとして、ジェット型天秤を使います。

ロケットのような形で、上半分が赤色のプラスチックで下半分が鉛になった、投げ釣り用のもっともポピュラーなオモリです。こちらも10号以下の重さのモノを選びましょう。

チョイ投げもできて、魚のアタリをみるという両面から、この程度が最適な重さとなります。オモリとしてジェット型天秤を使用する場合は、片側にライン、片側にハリスを直接取り付けるので、ヨリモドシは不要です。

ハゼ釣りの道具・小物類

ハゼ釣りに絶対必要な道具として、釣竿とリール、オモリ、針などを紹介しました。 あとは餌をつけて釣るだけなのですが、せっかくの釣りです、ちょっとした小物が あると、ハゼ釣りがグンと楽しくなります。 そんな小物を紹介しましょう。

■クーラーボックス
いわずと知れた、レジャーの必需品・クーラーボックスです。 釣りでのクーラーボックスは、 餌を保存する、小物を入れる、飲料を入れる、獲物を入れる等々、 多機能に使われます。 さらに応用として、 竿を保持する、椅子代わりにする、食卓にする等々、まだまだ用途はあります。 番外編として、 以前同行した釣り仲間が堤防から海に転落し、クーラーボックスを浮き輪代わりにして、 助けを待ったという使用法? もあります。

釣り具

とくに夏場などは、餌の保管用にクーラーボックスは重要で、 温度の変化に敏感で、とくに高温を嫌う虫餌などには、クーラーボックスは必需品です。

クーラーボックスも、その大きさや機能性などからさまざまなものがあります。 これは色や形、予算に合わせて、自分の好みで選びましょう。 釣り以外でも使えるので、その点も配慮の上で。

■竿ケース
竿は新品の時には、何らかのケースに入っていますが、 これはあくまで一時的なもの。すぐに破れたりヨレヨレになったりします。 竿ケースに入れず、そのままクルマなどで持ち運ぶ方も居ますが、 中空で円筒形の竿の材質は、グラスファイバーかカーボンなどで非常にデリケート。 ちょっとしたことで、傷が入ったり折れたりします。 竿ケースは多少固めのもので、外部からの多少の衝撃は吸収できるようなタイプを おススメします。

■その他あると便利な小物
その他、水バケツ・タオル・魚ツカミ・針外し・エサ箱・帽子・フローティングジャケットなど、便宜性や安全面からさまざまな小物をチョイスしましょう。

一度でも釣りを経験すると、自分にとって必要な小物がだんだんとわかってきます。 好みの面もあるので、ここでは詳細は省略しますが、 こうした小物を選ぶのも、釣りの楽しみのひとつです。


Copyright ハゼ釣り入門ガイド All rights reserved.

privacy