仕掛けを投入

場所を確保し、道具を据えたら、いよいよ釣りをはじめます。竿にリールを取り付けガイドにラインを通し、オモリなどの仕掛けを取り付けます。 リールのノッチをライン開放状態にし、 竿を伸ばして適度な長さまでラインを引っ張ります。

ハゼの釣り方:仕掛けを投入

ラインがほぼリールの位置まで来たら、リールのノッチをライン固定側に倒し、 ラインを固定します。

とりあえず竿を置き、針に餌を付けます。 餌の青虫(虫餌)は、1〜2センチくらいにカットし、 その一部を針にチョン掛けする程度とします。 後々、魚の引きの反応はあっても針に掛からない場合は、 チョン掛けをやめて、餌の頭から尻尾に向けて、針を通し掛けします。

餌を付けたら、リールを少し巻き、ラインの一部をひとさし指で竿とともに押さえ、 リールのノッチを開放し、剣道の振り下ろしのような感じで竿を後から前に振り、 竿が頭の上を通過するくらいの位置で、ラインを押さえた人差し指を放します。

チャッポーンと仕掛けが正面付近に着水したのを確認します。

仕掛けが自分の後ろにそのまま残っていたり、 左右や斜めのよからぬ方向に飛んで行ったり、 目前に着水したりしていたら、投げ方がうまくいっていません。

ここからはもう感覚です。 うまくいかない場合は、その原因を探り改善して、再トライします。 力を抜き、軽い気持ちで竿の重さに任せて振る。 ハゼ釣りは遠投しないので、投げ釣りの練習にももってこいなのです。

仕掛けが後に残るときは、ラインを放すのが早や過ぎ。 仕掛けが目前に落ちるときは、ラインを放すのが遅れ気味。 斜め方向や横に飛ぶときは、カラダや振りの向きを変えてみる。

色々と試行錯誤・工夫して、うまく投げられる感覚をつかみます。 案ずるより生むが易し。 よく考えて、練習すればするほど、うまくいくものです。 決して力まず、ふわっと優しく竿を振る。

さあ、ハゼが口を開けて、待っていますよ。

基本は「餌を動かす」こと

釣り場の状態にもよりますが、ハゼ釣りの場合、遠投は必要ありません。 岸から20〜30メートルも投げれば充分です。

仕掛けを投入したら、リールのノッチをライン固定側に倒し、 ラインの弛みがなくなるまで、ゆっくり巻きます。 ラインがほぼピンと張ったら、そのままで少し様子を見ます。

着水したばかりなので、ハゼもまずは様子を伺っています。 2〜3分経っても、竿先がブルブルと反応したり、コツコツとした手ごたえがなければ、 ラインを張ったまま、竿先を手前に少しずつ引きます。 ゆっくりゆっくり手前に引きながら、竿先や竿を持つ感触に集中します。

竿先をほぼ水際と平行になるくらい引いても反応がなければ、 リールを巻き糸ふけを張りながら、竿先を仕掛け投入時の位置まで戻し、 投入時と同じく、ラインの弛みをとり、ピンと張った状態にします。

竿先や竿を持つ感触に変化があるまで、この一連の動きを繰り返します。 竿を引いては巻きながら戻し、また竿先をもとの位置から引いては戻し…。

仕掛けは徐々に手前に近づいてくるので、目の前まで仕掛けが戻ってきたら、 いったん竿を起こし、再度20〜30メートル沖へ仕掛けを投入します。

これは、引き釣りといって、ハゼやキスなど、普段はじっとしていて、 動くものにすばやく反応するという習性の魚に使う釣り方です。

餌は活きのいいものを使うのはもちろんですが、 さらに動きを活発に見せ、ハゼにアピールするわけです。 引き方は、あくまでゆっくりゆっくり。ときには止めてまたゆっくりと、 餌の動きに変化をつけることがポイントです。

ハゼ釣り

ハゼ釣りの手応え・とり込み

ハゼを釣った瞬間の手応えは、ブルンブルンと小刻みに震える感じです。 小さなハゼでも、その魚体に似合わず、ブルブルと意外なほどの手応えがあります。 このことを頭に入れておきましょう。

ゆっくりと仕掛けを動かしていると、竿先を見るまでもなく、 竿を握る手に、ブルンブルンと感触が伝わります。

はじめはチョンチョン、コツコツと餌を突き、 餌の端を引きちぎるように、くわえては放しを繰り返しますが、 餌を針ごと飲み込んでしまうと、もう逃げられません。

針に掛かった、未だ見えぬ獲物を釣り上げる瞬間のワクワクドキドキ感と、 キュイーンとしなった竿を握る手に伝わるゴツゴツとした独特の手応え。

これが、ハゼ釣りはもちろん、あらゆる釣りにおける最高の醍醐味なのです。

釣り

針に掛かったハゼは、手元付近まで巻き上げると、疲れ果てじっとなされるがまま。 さらに巻き上げ水面から浮かせてしまうと、もう暴れません。

竿を起こし、獲物がちょうど手元にくる位置までラインを巻き上げ、 できれば、魚掴み用のタオルや専用の魚ツカミ(火箸のようなもの)で、 ハゼをそっと握り、針を外します。

魚を直接素手で掴む方もいますが、ヒレなどで手を傷つける恐れだけでなく、 普段水の中に居る魚にとって、ヒトの皮膚はかなりの高温、 魚は黙っていますが、火傷をしてしまいます。 魚のことを思い、さらに鮮度を保つためにも、素手で魚を握るのは避けましょう。

ハゼの釣り方 - ハゼ釣り入門ガイド

仕掛けを投入

場所を確保し、道具を据えたら、いよいよ釣りをはじめます。竿にリールを取り付けガイドにラインを通し、オモリなどの仕掛けを取り付けます。 リールのノッチをライン開放状態にし、 竿を伸ばして適度な長さまでラインを引っ張ります。

ハゼの釣り方:仕掛けを投入

ラインがほぼリールの位置まで来たら、リールのノッチをライン固定側に倒し、 ラインを固定します。

とりあえず竿を置き、針に餌を付けます。 餌の青虫(虫餌)は、1〜2センチくらいにカットし、 その一部を針にチョン掛けする程度とします。 後々、魚の引きの反応はあっても針に掛からない場合は、 チョン掛けをやめて、餌の頭から尻尾に向けて、針を通し掛けします。

餌を付けたら、リールを少し巻き、ラインの一部をひとさし指で竿とともに押さえ、 リールのノッチを開放し、剣道の振り下ろしのような感じで竿を後から前に振り、 竿が頭の上を通過するくらいの位置で、ラインを押さえた人差し指を放します。

チャッポーンと仕掛けが正面付近に着水したのを確認します。

仕掛けが自分の後ろにそのまま残っていたり、 左右や斜めのよからぬ方向に飛んで行ったり、 目前に着水したりしていたら、投げ方がうまくいっていません。

ここからはもう感覚です。 うまくいかない場合は、その原因を探り改善して、再トライします。 力を抜き、軽い気持ちで竿の重さに任せて振る。 ハゼ釣りは遠投しないので、投げ釣りの練習にももってこいなのです。

仕掛けが後に残るときは、ラインを放すのが早や過ぎ。 仕掛けが目前に落ちるときは、ラインを放すのが遅れ気味。 斜め方向や横に飛ぶときは、カラダや振りの向きを変えてみる。

色々と試行錯誤・工夫して、うまく投げられる感覚をつかみます。 案ずるより生むが易し。 よく考えて、練習すればするほど、うまくいくものです。 決して力まず、ふわっと優しく竿を振る。

さあ、ハゼが口を開けて、待っていますよ。

基本は「餌を動かす」こと

釣り場の状態にもよりますが、ハゼ釣りの場合、遠投は必要ありません。 岸から20〜30メートルも投げれば充分です。

仕掛けを投入したら、リールのノッチをライン固定側に倒し、 ラインの弛みがなくなるまで、ゆっくり巻きます。 ラインがほぼピンと張ったら、そのままで少し様子を見ます。

着水したばかりなので、ハゼもまずは様子を伺っています。 2〜3分経っても、竿先がブルブルと反応したり、コツコツとした手ごたえがなければ、 ラインを張ったまま、竿先を手前に少しずつ引きます。 ゆっくりゆっくり手前に引きながら、竿先や竿を持つ感触に集中します。

竿先をほぼ水際と平行になるくらい引いても反応がなければ、 リールを巻き糸ふけを張りながら、竿先を仕掛け投入時の位置まで戻し、 投入時と同じく、ラインの弛みをとり、ピンと張った状態にします。

竿先や竿を持つ感触に変化があるまで、この一連の動きを繰り返します。 竿を引いては巻きながら戻し、また竿先をもとの位置から引いては戻し…。

仕掛けは徐々に手前に近づいてくるので、目の前まで仕掛けが戻ってきたら、 いったん竿を起こし、再度20〜30メートル沖へ仕掛けを投入します。

これは、引き釣りといって、ハゼやキスなど、普段はじっとしていて、 動くものにすばやく反応するという習性の魚に使う釣り方です。

餌は活きのいいものを使うのはもちろんですが、 さらに動きを活発に見せ、ハゼにアピールするわけです。 引き方は、あくまでゆっくりゆっくり。ときには止めてまたゆっくりと、 餌の動きに変化をつけることがポイントです。

ハゼ釣り

ハゼ釣りの手応え・とり込み

ハゼを釣った瞬間の手応えは、ブルンブルンと小刻みに震える感じです。 小さなハゼでも、その魚体に似合わず、ブルブルと意外なほどの手応えがあります。 このことを頭に入れておきましょう。

ゆっくりと仕掛けを動かしていると、竿先を見るまでもなく、 竿を握る手に、ブルンブルンと感触が伝わります。

はじめはチョンチョン、コツコツと餌を突き、 餌の端を引きちぎるように、くわえては放しを繰り返しますが、 餌を針ごと飲み込んでしまうと、もう逃げられません。

針に掛かった、未だ見えぬ獲物を釣り上げる瞬間のワクワクドキドキ感と、 キュイーンとしなった竿を握る手に伝わるゴツゴツとした独特の手応え。

これが、ハゼ釣りはもちろん、あらゆる釣りにおける最高の醍醐味なのです。

釣り

針に掛かったハゼは、手元付近まで巻き上げると、疲れ果てじっとなされるがまま。 さらに巻き上げ水面から浮かせてしまうと、もう暴れません。

竿を起こし、獲物がちょうど手元にくる位置までラインを巻き上げ、 できれば、魚掴み用のタオルや専用の魚ツカミ(火箸のようなもの)で、 ハゼをそっと握り、針を外します。

魚を直接素手で掴む方もいますが、ヒレなどで手を傷つける恐れだけでなく、 普段水の中に居る魚にとって、ヒトの皮膚はかなりの高温、 魚は黙っていますが、火傷をしてしまいます。 魚のことを思い、さらに鮮度を保つためにも、素手で魚を握るのは避けましょう。


Copyright ハゼ釣り入門ガイド All rights reserved.

privacy