ハゼ釣りに適した潮時

ハゼ釣りには潮の干満が重要な要素となります。船釣りの場合は、ある程度沖へ出て、深いところで長く糸を垂らして釣るので、干満はさほど問題ではなく、どちらかといえば潮流に影響されます。

ハゼ釣りに適した潮時(続き)

ところがこのハゼ釣りは、岸辺や岸壁からの釣りなので、潮の干満は釣果に大きく関係してくるわけです。

では、ハゼ釣りには、どんな潮時がいいのでしょうか?

干潮時に、海底が露出することで、いろんな動植物が行き交いますが、この後、潮が満ちてくるとどうなるでしょう?当然、海底の露出は徐々になくなり、やがては海水で覆われます。

徐々に海水で覆われる海底は、大気に触れ太陽の恩恵を受けて、その恩恵である栄養分をたっぷり吸収したまま、本来の海底へと沈んでいきます。

防波堤

これが、ハゼ釣りでの潮時のヒントでありチャンスなのです。

ハゼは、ふだん砂泥底にじっとして獲物を待ち、その突出したギョロ目で動くものをみつけたら、すばやく突進捕食します。

潮が海底を覆っていくと、水のある沖部分へと移動していたハゼが、徐々に陸に近い浅瀬へと戻ってきます。

干潮時に露出していた部分、本来はハゼの棲みかでもあった場所へと、ハゼ軍団が、徐々に戻ってくるのです。棲みやすい場所なので、当然でしょう。

さて、同じハゼの棲みかでも、ほんの半日前のそれとは、少し状態が違っています。一度露出した海底は、大気に触れ太陽の恩恵を受けた栄養分をたっぷり含んで、ハゼのもとに戻ってくるのです。

まさに目の前のご馳走です。ハゼたちは、潮が引いている間、苦手な深場でじっとこの瞬間を待っていたのです。ハゼにとっての桃源郷は、ここから始まります。

潮の干満は、大まかには一日に2度。ハゼは、この時とばかり、捕食行動に走ります。 この時を逃せば、また半日待ちとなります。悪天候になると、半日どころか、ずっと様子見になります。

砂泥底で海底付近の獲物を狙うハゼを釣るには、こうした潮の満ちかけがチャンス。ハゼの桃源郷に、新たな獲物を加えてやればいいのです。


Copyright ハゼ釣り入門ガイド All rights reserved.

privacy

ハゼ釣りに適した潮時 - ハゼ釣り入門ガイド

ハゼ釣りに適した潮時

ハゼ釣りには潮の干満が重要な要素となります。船釣りの場合は、ある程度沖へ出て、深いところで長く糸を垂らして釣るので、干満はさほど問題ではなく、どちらかといえば潮流に影響されます。

ハゼ釣りに適した潮時(続き)

ところがこのハゼ釣りは、岸辺や岸壁からの釣りなので、潮の干満は釣果に大きく関係してくるわけです。

では、ハゼ釣りには、どんな潮時がいいのでしょうか?

干潮時に、海底が露出することで、いろんな動植物が行き交いますが、この後、潮が満ちてくるとどうなるでしょう?当然、海底の露出は徐々になくなり、やがては海水で覆われます。

徐々に海水で覆われる海底は、大気に触れ太陽の恩恵を受けて、その恩恵である栄養分をたっぷり吸収したまま、本来の海底へと沈んでいきます。

防波堤

これが、ハゼ釣りでの潮時のヒントでありチャンスなのです。

ハゼは、ふだん砂泥底にじっとして獲物を待ち、その突出したギョロ目で動くものをみつけたら、すばやく突進捕食します。

潮が海底を覆っていくと、水のある沖部分へと移動していたハゼが、徐々に陸に近い浅瀬へと戻ってきます。

干潮時に露出していた部分、本来はハゼの棲みかでもあった場所へと、ハゼ軍団が、徐々に戻ってくるのです。棲みやすい場所なので、当然でしょう。

さて、同じハゼの棲みかでも、ほんの半日前のそれとは、少し状態が違っています。一度露出した海底は、大気に触れ太陽の恩恵を受けた栄養分をたっぷり含んで、ハゼのもとに戻ってくるのです。

まさに目の前のご馳走です。ハゼたちは、潮が引いている間、苦手な深場でじっとこの瞬間を待っていたのです。ハゼにとっての桃源郷は、ここから始まります。

潮の干満は、大まかには一日に2度。ハゼは、この時とばかり、捕食行動に走ります。 この時を逃せば、また半日待ちとなります。悪天候になると、半日どころか、ずっと様子見になります。

砂泥底で海底付近の獲物を狙うハゼを釣るには、こうした潮の満ちかけがチャンス。ハゼの桃源郷に、新たな獲物を加えてやればいいのです。


Copyright ハゼ釣り入門ガイド All rights reserved.

privacy